パーキンソン病ケアプログラム


早速、その一部をご紹介しますね。



パーキンソン病をこれからケアしていくにあたり、なぜパーキンソン病になるのか?
その原因を知る事で根本治療を行っていく事もできるでしょう。


この病気にかかっている人は便秘になりがちです。
ここでは、食欲が無くてもきちんと食物繊維を取れる方法や
便秘に良い飲み物などをお教えしたいと思います。


実は、パーキンソン病に有効なツボの位置と言うものがあるのを知っていますか?
東洋医学の観点からその位置と指圧の方法をあなただけにお教えします。


パーキンソン病の患者さんはどうしてもネガティブな事ばかり考えてしまいます。
そして、うつ症状になってしまいがちになります。そんな時にスッキリとうつの症状を
吹き飛ばす方法をお教えします。


オンとオフの2つのタイプがパーキンソンにはあります。
これは、ほとんどの人も同じように2つのタイプに交互に切り替わったりしています。
この時のオンオフ時のそれぞれの対処法をお教えします。


動かすのも困難な程カチカチに筋肉が固まっていく可能性が高いですが、
この柔軟法を行う事で、硬くなった体をグニャっと柔らかくなり自由に体を伸ばせる
ようになるかもしれません。


実は体のある部分を正常にすると、それを皮切りに背筋がピンと真っ直ぐになります。
そのポイントが体のある部位にあるのです。そのポイントをお教えします。


パーキンソン病を改善させて行く為には、適度な運動が有効です。
あなたももしかすると、分かっちゃいるけど…と言って諦めていませんか?
体に負担をかける事無く、楽しみながらリフレッシュ運動をする方法をお教えします。


スムーズに動かせない程の指でも、このハビリ体操をすると、
スムーズにお箸が持てるようになるかもしれません。
指に無理をかけない安心な方法をお教えします。


パーキンソン病の症状の方はすくみ足になりがちですが、
その足のすくみを徐々に緩和させる方法があります。この方法で
すくみ足で歩きが困難になる事は今後和らげられるでしょう。


ドーパミンは脳に直接影響を与える神経系のものでパーキンソン病と
多いに関係があるものです。これが増える事でパーキンソン病改善にも
大きく影響を与えます。
このドーパミンを増やす方法をお教えします。


「うまく物を飲み込めない…」ともしかするとあなたは感じているかもしれません。
飲み込む力が弱ってくるというのも事実ですが、この力を弱めず鍛える方法があります。


この成分は成人女性の約半分が不足している食品成分です。
もちろん認知防止や若返り効果などパーキンソン病に効く成分が
含まれているので、意識的に摂取するように心がけましょう。


パーキンソン病特有の幻覚や幻聴症状のご家族の対処の仕方、
和らげる効果的な方法もいくつかあるので、もしパニック症状が出たら
すぐに試してみてください。


体を重く感じたり、何にもをする気も起きずに一日中寝てばかりでは
心身ともに良くありません。
そんな何もやる気が起きない日々から気分転換させる方法をお伝えします。


出来れば薬を一粒も飲みたくない…と、もしかするとあなたは思っているかも
しれませんね。ですが、薬をきっぱり止めるのは今はよくありません。
薬に頼り切らず上手に付き合っていく秘訣をお教えします。


以上の事さえ分かってしまえば、あなたのパーキンソン病ケアの症状も和らいでいき、
ご家族や夫婦で外食に行って楽しくおしゃべりができたり、気分転換の外出が出来るよう
になるでしょう。

また、仕事に支障をきたさずに本来のハツラツとしたあなたになれるでしょう。

ご家族の負担も減り、家族全員笑顔でパーキンソン病の症状を緩和していけるでしょう。

もう、家族の不安もなくなり、ふるえもなくなり、食欲も出てくる事で、
足取りもしっかりと歩行できるようになるでしょう。

今まで、悩まされてきた様々なストレスに悩まされる事は今後一切なくなるでしょう。

想像してみてください。

健康的な体で毎日元気いっぱいに過ごしている、本来のありのままのあなたの姿を・・・




パーキンソン病の症状を回復できる人、慢性化して進行が日々進んでしまう人、
その違いは、上でお伝えしてきた内容を知っているか知らないか、ただそれだけの違いなのです。

自分で直せるようにケアをコツコツ続けている人は、進行していかないように、
いい状態に自分の体を整えて上げているのです。

つまり、この知識さえあれば、パーキンソン病の進行を止めて、上手にケアしていく事ができるのです。

あなたも1週間、2週間と続けて行くうちに自然と
「あれ?何だか調子がよくなってきたな」と実感するでしょう。


辛い幻覚症状や聴覚症状も緩和していき、足のだるみも段々と和らいでくる事でしょう。

そして、背中や腰の痛みなども軽減してベッドで起き上がる事が
苦痛なく出来るようになるでしょう。


>>>
パーキンソン病ケアプログラム






[PR]
by kn19551 | 2017-07-14 08:09 | 健康

人間美人