【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド






        何度も手を洗ってしまう
        確認作業がやめられない
        スイッチの消し忘れが気になる
        ガスの元栓の閉め忘れが気になる
        机やイスの位置が気になって仕方がない
        目に見えないバイ菌が怖い
        ドアノブが触れない
        ひとを車でひいてしまったと錯覚する
        4や9などの特定の数字に恐怖を感じる
        不吉なことばかりを考えてしまう ・・・etc.


これらの症状を「ただの性格」だと思って見過ごさないでください。

それは、強迫性障害(きょうはくせいしょうがい)、強迫神経症(きょうはくしんけいしょう)
という「心の病」があなたに危険を知らせてくれている大切な“シグナル”です。



あなたはハワード・ヒューズという人物を知っていますか?

インターネットで検索してもらえれば多くの記事を目にすると思いますが、「地球上の富の半分を持つ男」、
「資本主義の権化」などと呼ばれた、かつての大富豪です。

彼は名実ともに、その当時の世界一の金持ちとなり、最大な富と名誉を手に入れ、誰もが羨む人生を送ってきました。
しかし、その成功の影で、ある病に苦しんでいました。

世界一の大富豪の悲劇

当時の彼の言動というのは、周囲の人間も理解に苦しむような、常識を逸脱したものでした。

たとえば、極度に細菌を恐れ、自分の手の皮膚が破れて血が出るまで手を洗ったり、執拗に何度も同じ言葉を呟いたりと、
まるで何かに取りつかれたかのように必死に行っていたのです。

そのため、一切の入浴や手の洗浄が事実上不可能となり、髪と髭は伸び放題で体は垢にまみれ、
ついには隔離された部屋から一歩も外に出ることが出来なくなり、誰にも知られることなく、
一人孤独な死を迎えたと言われています。

かつては、アメリカの活力の象徴だったハワード・ヒューズをこんなにも衰弱させ、
ついには謎に包まれた哀れな男へと変貌させた原因は何だったのか?

そうです。

彼は“重度の強迫性障害”だったのです。

実は多くの有名人があなたと同じ心の病に…

そして、ハワード・ヒューズだけはなく、



・かつて世の男性を魅了したマリリンモンロー
今をときめくハリウッド女優ミーガン・フォックス
そしてサッカー界のスーパースターであるデビッド・ベッカム

など、多くの著名人も強迫性障害に悩み苦しめられてきたわけなのですが、そもそも強迫観念を引き起こす原因は何なのか?

その原因の一つに、“間違った学習の積み重ね”が挙げられます。

それは、「問題のある考え方や行動はすべて間違った学習を積み重ねてきた結果」という考え方です。

つまり、今あなたが抱えている強迫観念は「すべて間違った認識に基づいて引き起こしているものであり、
それに伴う強迫行為もまた同じ原理」だということです。

そして、それは“日々強化”されています。

自分が病気であることを自覚しないまま、それは日々悪化していっているのです。

>>>>【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド



最短で“改善”という結果を得るために必ずやらないといけない、しかし
多くの人が知ることすらない“脳”と“手”が密接に関係したある作業とは?



脳と手に密接に関係する地味な作業ですが、これを正しく行うだけで、結果の出るスピードが何十倍、何百倍と変わります。

本田雅人が数々の挫折を繰り返した先に辿り着いた、医者や研究者に
は気付く事ができない「強迫性障害(強迫神経症)」の真の正体とは?



どんなテーマの問題にも、バイブル(聖書)と呼ばれる成功法則や定石がありますが、強迫性障害(強迫神経症)にはそれがありません。心療内科を受診しても薬の投与と暴露療法による治療だけ。

そんな中、私が導き出した強迫性障害(強迫神経症)を根本から改善へと導く答えとは…

強迫性障害を患うひとは“才能に秀でた人間”が多いといわれている、
その実態とは?



あなたは自分に劣等感を抱いているかもしれません。しかし、本当は逆なのです。強迫性障害というのは往々にして、何らかの分野で秀でた優秀な人間が多い傾向にあります。

実際に、著名人の中にも強迫性障害であることをカミングアウトした、もしくは強迫性障害であろう言われているひとは数多く存在します。事実、有名アスリート、人気ハリウッド女優、著名な実業家などの…

世界一の大富豪の人生をメチャメチャにした強迫性障害とは、はたして
どういったものなのか?



20世紀を代表する億万長者ハワードヒューズの人生を狂わせたもの。そして今まさにあなたを苦しませ続けている“強迫性障害”の正体を明らかにし、その原因や、その様々な症状を徹底解明します。

発症のキッカケ



一般的に言われている発症のキッカケと、私が重度の強迫性障害に陥った経緯を包み隠さずお話します。

併発する心の病



強迫性障害を単なる神経質程度に思っていたら、大変なことになります。なぜなら、強迫性障害に苦しむ多くのひとは、その他の心の病を併発しやすい傾向にあると言われているからです。

そして、それらの不安障害には多くの共通した…

強迫性障害に陥りやすい6つの性格



強迫性障害を発症する人としない人、その多くの違いは「性格」にあります。

ここでは、強迫性障害に陥りやすい6つの性格を具体的に分かりやすく解説しています。

本田雅人がメンター(人生の師)から教わった、
強迫性障害を改善するために必要な“人間の潜在意識をコントロールする”スキルの秘密とは?



この秘密の要素が含まれているからこそ、強迫性障害を本質から改善することが可能となるのです。

強迫観念を引き起こす原因の一つに挙げられる“間違った学習の積み
重ね”とは?



問題のある考え方や行動はすべて「間違った学習を積み重ねてきた結果」と考えています。つまり、今あなたが抱えている強迫観念はすべて間違った認識に基づいて引き起こしているものであり、それに伴う強迫行為もまた同じ原理だということです。

これを強迫性障害の権威であるマイケル・A・ジェナイク医学博士が長期に渡って治療したエド・ザイン青年の例をもとに分析していきます。

感情や行動を決定付ける“人間の認識システム”とは?



私たちが抱く感情や行動はすべて脳にインストールされているプログラムによって決められています。

その無意識のうちに人間が学習している認識システムとは?

あなたを苦しめている強迫観念は、実はあなたに危険を知らせてくれて
いるシグナル?



この「自己防衛センサー」とも言える“シグナル”の仕組みを理解していない限り、おそらく一生かかっても強迫性障害を改善することはできないでしょう。

なぜなら、強迫観念というのはただの“結果”であり“産物”であり、真の問題は別の深い部分に隠されているからです。

根本的な問題を解決していないまま、あなたに危険を知らせるセンサーの役割を担っている強迫観念という症状だけを取り除こうとすることは…

強迫性障害は、あなたの“協力者”だった!?



この、一見逆説ともいえる事実を理解できていなかったために、あなたの強迫観念は悪化(強化)し続けてきたのです。

五感と言語がつくりだすプログラム



私たちの感情や行動を決定づける「人間の認識システム」。これを形成するプロセスとは?

また、強迫性障害を改善する上で非常に重要になってくる、ある要素とは?

富と名声をほしいままにしたマリリン・モンローでも、“ささやかな幸せ”を
手に入れる事はできなかった、その理由と強迫性障害との密接な関係とは?



20世紀を代表する大女優マリリン・モンロー。富と名声をほしいままにした彼女ですら、ただのささやかな幸せを手にできず、不幸な最期を迎えてしまいました。一見順風満帆に見えた彼女を36歳という若さで孤独な死へと追いやった強迫性障害との密接な関係とは?

視点が変わると見えている世界(現実)も変化する



ものごとの受けとめ方・考え方はひとそれぞれです。一億人いれば一億通りの考え方が存在します。

同じものでも、同じ出来事でも、ひとによって見え方が違うのです。つまり、人間の認識は千差万別だということです。

このことを分かりやすく説明してくれているのが、アルバート・エリス博士のABC 理論です。このABC理論が強迫性障害改善を実現する上で非常に重要な役割を果たしていきます。

私が持っていた強迫観念を引き起こす原因である非合理的なマインドフ
レームとは?



私は学生の頃に「手を何度も洗わないと語学を習得できない」という非合理的なマインドフレームを持っていました。

これをABC 理論に基づいて整理してみると…

深層心理に植えつけられた“あなたを駆り立てるもの”とは?



人間の心理には『意識』『前意識』、そして『無意識』の3つに分かれています。精神分析学の祖「フロイト」が発見したとされています。

強迫性障害を改善するには、あなたも気づいていない『前意識』と『無意識』、そしてその先にあるこの根本的な原因を改善しないといけません。

あなたの心の根底にある心理状態



心理学の世界では、この“あなたを駆り立てるもの”を『ドライバー』と呼びます。

これが、強迫観念を生み出す根本的な原因であり、強迫性障害を改善する上で非常に重要な5つの要素へと繋がっていくのです。

強迫性障害の真の正体である「認識のメカニズム」、その全貌とは?



嘘みたいな話ですが、このメカニズムを理解した瞬間、あなたの強迫観念は少し軽減しているでしょう。なぜなら…

強迫性障害を改善することによって、あなたが手に入れられる意外なギ
フトとは?



今は想像できないと思いますが、強迫性障害を改善するということは、なにも日常生活や社会生活への不安がなくなるだけでなく、様々な恩恵を得ることができます。

強迫性障害を改善する方法を簡単に言うと「忘れてしまうこと」ですが…



一口に言うと「忘れてしまうこと」になるのですが、これだけでは理解できないでしょうし、そもそも今の状態では強迫性障害を“忘れる”なんてできないと思います。もっと詳しく言うと…

本田雅人が結論付けた、
“強迫性障害の根本的な原因を解決し、本質から改善する方法”とは?



詳しくは教材の中でお話しますが、それは、強迫性障害を改善するだけではなく、あなたの人生そのものを自信と希望に満ち溢れたものへと変えてくれる、いわゆる“成功者”と呼ばれている人間が実践している方法です。

そして、それを手に入れることによって、あなたは強迫性障害に対する一切の不安や恐怖から解放されることになります。

読んだだけで、強迫性障害が改善された!?



このベーシック(基礎編)は単なる第1ステップにすぎないのですが、じつはここまでで強迫性障害を改善してしまったという報告を受けた事があります。

また、完全改善とまではいかなくても、「ずいぶん症状が軽くなった」という声はたくさん聞きます。

なぜならこのテキストには、「ある秘密」が隠されているからです。



>>>>【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド











[PR]
by kn19551 | 2017-06-09 14:30 | 健康

人間美人