寝たまま、簡単!腰痛体操 「骨盤ゆらゆら体操R」プレミアム エディション





腰痛で整形外科を受診すると、医師から筋トレやストレッチを実践する様に
勧められる人も多いと思います。


また、インターネットで『腰痛改善法』を調べても、
この2つのキーワードが目に付きます。


でも、ちょっと冷静に考えてみてください。
筋トレとストレッチは、動作としては真逆のものです。
それなのに、腰痛にはどちらも効果的だというのは、何だかおかしいと思いませんか?


長年、腰痛の患者様と接し、腰痛の原因を研究してきた私の意見は、
筋トレもストレッチも、どちらも腰痛の改善には結びつかないという結論です。
*ぎっくり腰や坐骨神経痛は原因不明の痛み?!

実は、専門家である医師が、
レントゲンやCT、MRIなどの精密機器を使って検査をしても、
腰痛の約85%の原因は、よく分かっていないのです。


腰痛でお悩みのあなたからすると、大変衝撃的で残念なお知らせですが、
これは医師自身も認めている、最新の医療現場の現実なのです。
*本当の体の歪みはレントゲン写真には写らない?!

体の歪みは、本来起き上がった姿勢の時に、重力の負担に対して、
なんとかバランスを保とうとする筋肉の偏った緊張、引っ張り合いによって起こります。


なので重力の負担が掛からない、寝た状態で写した画像では、
体の歪みを写すことは出来ません。


しかも写す範囲が局所的だと、
全身に影響が及んでいる状況を正しく把握することは出来ません。


なので私共は、モアレ写真という特殊な画像を撮影することで、
患者様の体の歪みを正確に把握して、研究と治療を行うので、
腰痛の改善が可能なのです。
*筋トレは腰痛改善に逆効果である!

腰痛で整形外科を受診すると、「体の歪み」や腰痛の改善に効果的だという理由で、
筋力トレーニングを勧められるケースが多いです。


ですが、すでに歪みが生じていて、腰痛が発症している状態の体で筋トレをして、
はたして均衡にバランス良く筋肉が強化されるのでしょうか?


いいえ、更なる筋肉の緊張が発生して、より複雑に体がゆがむ恐れがあるので、
筋トレはしないでください。
*広い歩幅でかかとから着地する歩き方は腰への負担が大きい?!

腰痛の改善や予防、健康のために、ウォーキングを行う方が多いと思いますが、
広い歩幅でかかとから着地する、いわゆる『正しい歩き方』は、
腰への負担が大変大きく、腰痛を悪化させてしまう可能性が高いです!


骨盤ゆらゆら体操プレミアムエディションの中では、
腰痛でお悩みの方や腰痛の予防にお勧めの○○○歩きをご紹介していますので、
ぜひあなたも、腰への負担が少ない歩き方に切り替えてください。
*あなたは椅子に座る時、浅く座りますか?それとも深く座りますか??

椅子に座る時に、世間一般的に正しいとされている姿勢には主に2種類あります。
1つは、浅く腰掛けて背筋をピンと伸ばす、テレビ局のアナウンサーの様な座り方。


もう1つは、深く腰掛けて椅子の背もたれに背中を付ける座り方。
さて、腰に負担が掛からず、腰痛の改善に好ましい座り方はどちらでしょう?
あなたなはどちらだと思いますか??


答えは骨盤ゆらゆら体操プレミアムエディションの中にあります!
*椅子から立ち上がる時あなたの視線はどちらを見ていますか?

椅子から立ち上がった時に腰が伸びにくい、立ち上がった拍子に腰がグキッ!
これは腰痛あるあるの中の1つですが、あなたも経験があるのではないでしょうか?


この様な経験がある方には、実は共通点があるのです!


それは、椅子から立ち上がる時の視線の方向です。
椅子から立ち上がる時、あなたの視線はどこを見ていますか?
*うつぶせ、横向き、仰向け、睡眠時に最も腰に負担が掛からない寝相はコレだ!

あなたは眠る時どの様な体制で眠っていますか?
寝相や起き上がる姿勢を少し変えるだけでも、腰痛はずいぶん改善します。


腰に負担の掛からない寝相と起き上がり姿勢をマスターして、
体に痛みの走らない、快適な朝を迎える方法をお伝えします。
*床に置いた物を持ち上げる時、足は前後左右どちらに開くと腰に負担が掛からないでしょうか?

物を持ち上げる行為は、腰痛持ちにとってとても危険な行為です。
あと、掃除や洗濯ものを干すなどの家事や仕事の場面で、日常的に繰り返される動作も、
不用意に行うと、ぎっくり腰を引き起こす可能性が高いです。


では、その様な場面で腰の負担を最小限に抑えるためには、
足を前後左右どちらに開くのが良いと思いますか?


これを知っているか知らないかで、
腰への負担は天と地ほどの差が出てしまいますよ!
*大事なのは筋肉の量ではなくて柔軟性である!

腰痛は、内臓の病気などによるケースを除き、
様々な動作によって腰の部分に負担が掛かった結果、
筋肉が傷つけられたり、神経を圧迫することで痛みが出た状態です。


二足歩行をするアンバランスな構造の人間の体も、
体の土台である骨盤を、2本の足が左右均等にしっかりと支えて、
その他の骨格も正常な位置をキープすることが出来ていれば、
腰に負担の掛からない絶妙な仕組みになっています。


なので体がスムーズに動き、筋肉や関節に負担が掛からない状態であれば、
腰痛になることはありません。


ですが、筋肉に柔軟性が無く、関節をスムーズに動かすことが出来なければ、
いくら筋肉量が多くガッシリとした体つきであったとしても、
体に歪みが生じて腰痛を発症してしまいます。


大切なのは、筋肉の量ではなくて、柔軟性なのです。
*体の歪みが腰痛の根本原因なのだ!

股関節や骨盤、腰椎などの角度が悪く、「体の歪み」が大きくなると、
たとえ筋肉がたくさんついていても、スムーズな動きは出来ません。


立ったり歩いたり座ったり、腰を曲げたりする日常動作でさえ、
体に負担が掛かる不自然な動作になってしまい、腰痛などの体の痛みになります。


はっきりと宣言いたしますが、腰痛の根本原因は、
腰が弱いからでも、筋肉が少ないからでも、骨が細いからでもありません!


日常動作をスムーズに行うことが出来なくなる、
体の歪みが腰痛の根本原因なのです!!

これらのことをふまえて、朝と晩の1日2回、
1回につき3分~5分程度、「気持ちが良いなぁ~」と感じながら、
骨盤ゆらゆら体操を行っていただくと。。。


つらい腰痛から解放されて、足が軽くなり、
スタスタと気持ち良く歩くことが出来るようになるでしょう。


「このまま歩けなくなるんじゃないか?」なんて不安は吹き飛び、
外出だって煩わしくなくなり、ウォーキングやスポーツだって楽しめるようになります。


腰痛で悩んだまま、ただじっと耐えるだけの生活を送る人、
腰痛の改善に積極的に取り組み、ご自分に自信を取り戻して、
前向きで活動的な毎日を送る人。


その違いは、これまでお伝えしてきた、
腰痛の本当の原因と、正しい改善方法を
知っているか、知らないか、それだけの違いなのです。


正しい改善方法といっても、決して難しいことではありません。
ただ気持ち良く、ゆらゆらと体操をしていただくだけです。


ただそれだけで、医者から手術を勧められるような重症な腰痛でも、
患者様ご自身が驚くほどあっさりと、改善することが可能なのです。


あなたも、1回目、2回目、3回目と骨盤ゆらゆら体操を行っていただく度に、
ご自分の体がどんどん変化していくのを実感していただけるでしょう。


腰痛で歩くのもままならない状態で生活するのと、
腰痛を改善して、あなた本来の痛みのない体を取り戻すのでは、
これからの人生が全く違ってきます。


あなたには腰痛を改善していただき、
「腰痛なんかに負けない」という自信を取り戻して欲しいのです。


「でも、私は何度も腰痛を繰り返してきて、何年もの間、腰痛に悩まされてきたんです!
 そんな慢性的で重症な腰痛持ちの私でも『骨盤ゆらゆら体操』で腰痛が改善できますか?」


はい。大丈夫ですよ!


あなたの腰痛が、例えぎっくり腰だろうと、脊柱管狭窄症だろうと、
坐骨神経痛だろうと、腰椎椎間板ヘルニアだろうと、腰椎すべり症だろうと、
仙腸関節機能障害だろうと、梨状筋症候群だろうと、筋・筋膜性腰痛だろうと、改善することが可能です。


というのも、先程もご説明しましたが、
どんな種類の腰痛であっても、その根本的な原因は、体の歪みによる深部筋の拘縮です。


ですが整形外科などでは、その根本原因を探らずに、
患者さんの腰痛が出た個所と年代によって、腰痛の病名を決めているのです。


そして、腰痛の原因を取り除くのではなく、痛みだけに対処するので、
痛みが弱ければ湿布、痛みが中程度であれば湿布と痛み止めの飲み薬、
さらに痛みが強ければブロック注射を勧め、それでも痛みが改善されなければ、
痛みを発している神経を局所的に手術で解放するだけなのです。


だからいくら病院を受診しても、ブロック注射や手術を行っても、
腰痛はまた再発し、歩くことも座ることも寝ていることさえままならなくなり、
「もうこのまま一生腰痛と付き合っていくしかない」と
ふさぎ込んでしまう人が多いのです。


ですが、私共の川井筋系帯療法治療センターでは、
患者様の症状の診立てを、理論的かつ客観的に証明することが出来る、
モアレ写真という特殊な画像診断を取り入れて、
今まで50万人の患者様の腰痛を的確に改善へと導いてきました。


その治療の要素を全て取り入れて、なおかつ腰痛の患者様がご自宅にいながら、
ご自身で腰痛を改善していただくために考案したのが骨盤ゆらゆら体操です。



>>>寝たまま、簡単!腰痛体操 「骨盤ゆらゆら体操®」プレミアム エディション













[PR]
by kn19551 | 2017-05-09 15:53 | 健康

人間美人